What is kinesiology?

☑恋人がほしいけれど、なかなかできない

☑結婚したいけれど、なかなかできない

☑実家を出たいけれど、なんとなく出ることができない

☑いっそ一人で生きるライフスタイルにしようかと思う

☑今の仕事でよいのかと迷う

☑仕事が好きで、このスタンスを続けたいのに周りからとやかく言われて憂鬱

☑結婚をしたり子どもを産んだりすることに伴い、続けてきた仕事をやめる


20代後半から、子どもを産むとされる40代前半くらいまで、心の、現実の岐路に立たされる女性は多いと思います。


さてそれらは、

結婚するとかしないとか

仕事をやめるとかやめないとか

子どもを産むとか産まないとか

単純に、どちらかに転べば収まるような話なのでしょうか。


私自身は、そんなとき

” 確かにこれが問題なんだけど、でも全部つながっていて、本当に解きたいのは、

それら分かれているように見えるジャンルの大元にあるもので・・・

もっと深く、もっと大きな問いかけがされている気がする・・・ ”

こんな風に感じたことを覚えています。


自分はどういうものが好きで、どういうものが嫌いで

どういうことをしているときに楽しいと感じて

現実を生きた上でなお、それをしてゆきたいと思うこと


そういうことを、他ならぬ自分が知りたい、それを生きたいと思いました。


” 自分とはどういう存在なのか ” つまり、

” 自分は何を選ぶか ” という問いかけがされているのだと思います。


とりわけ、

家族との折り合いが悪い

恋人と、夫とうまくコミュニケーションがとれない

仕事での人間関係に悩む

そんな”関係性”に出くわしたとき、" 自分は何を選ぶか "という問いに迫られるのだと思います。


そんなことをいっても、

選択肢はこれしかない

何を選びたいのか分からない

選びたいけど、選べない

もう自分がどう感じているのかさえ分からない、というとき

その作業を助けてくれるのが、キネシオロジーです。


キネシオロジーは、東洋医学の考え方を取り込んでおり

経絡、筋肉、内臓、感情、五官が影響し合っていると考えます。

まずは筋肉にはたらきかけ、すると感情、五官が呼び覚まされます。

自分の感じていることに気付いてゆきます。


自分がどう感じているかが分かるということは

他者が考えていること、社会がこうだとしていることと、自分が感じていることは違うことが分かるということです。

すると、これまで過ごしてきた環境でいつのまにか自分が嵌ってしまっていた思い込みに気づいてゆきます。

気づくと、その思い込みを解消することができます。


キネシオロジーは、心のみならず、経絡、筋肉、内臓といった身体にはたらきかけるため、

まるで職人のように、" 身体に落とし込む、身体で覚える" ことができます。

思考だけが動き、それに惑わされるということが少なくなってきます。

自分の感情、感覚、思考が一致してゆきます。


そうしていると、

ひとつひとつ、自分で選んでゆくことができます。

それはもう、" 自分とはどういう存在なのか" という問いの答えを生きているのだと思います。


そして、結果として

心を通い合わせることができるパートナーと穏やかに過ごしていたり

仕事を楽しくこなしていたり

心地よい人間関係を気づけていたり

ということになっている。


二極化された答えのようなものの間をうろうろと行ったり来たりするものではなく

どんな局面でも、自分で選び生きるという力が備わっています。


そのころには、あなたはどんな風に生きているでしょうか?


入り口は、日常の、現実のつまずきから。

どんな悩みでも、共通する思いは、この現状を打開したいということだと思います。


ぜひ、キネシオロジーで、打開する力を、自分で選び生きる力をつけに来てください。


シンデレラの、ハッピーエンドのその先が描かれていないというまでもなく

力のついたシンデレラは、その先どんな局面を迎えても、幸せに生きたのではないかと思います。

<キネシオロジーとは>

キネシオロジーとは、身体のエネルギーの流れ(東洋医学でいう”経絡”)を整える健康法です。

エネルギーの流れは、感情、内臓、筋肉の活動に影響します。この流れを整えることにより、心身ともに健やかに過ごすことができます。


<キネシオロジーの歴史>

キネシオロジーは、東洋医学、カイロプラクティック、神経学などをもとに構成されたものです。

1960年代にアメリカで、カイロプラクティックのドクターが開発したアプライドキネシオロジー(AK)が始まりです。AKは筋反射で心身の状態を診立て、崩れているバランスをとり直すセラピーを施すもので、ドクターのみが行えるものですが、それをドクターだけでなく家庭でも行えるように、安全でシンプルに組みなおしたものがタッチフォーヘルス(TFH)です。

HSKキネシオロジーは、TFHの中から効果的な技術を抽出し、そこにさらにアロマや言葉など心身に深くはたらきかけるセラピーを取り入れたキネシオロジーです。

① 筋肉の反射を調べる

② バランスを崩しているエネルギーを見つける

③ 身体に適したセラピー(筋肉のポイントのマッサージ、言葉、アロマ等)を選び、施す

この3ステップで、心身のバランスをととのえます。