できると愛されない?

大福庵のこれからの企画をめぐらせ、わくわくしていると、オフをみつけました。


「できると愛されない」です。


表向き、私の中には「ばりばりやると、かわいくない。男性から愛されない」がありました。

でも、さらにみていくと、そこにあったのは、自分も知らず知らずのうちにしているランク付けでした。

責任からの逃げもあります。


崇志さんが、「人にはそれぞれの人生がある」で調整してくれました。


崇志さんは、調整し合いっこしていて佳境に入り、私がババ検察官のようになると、「佳ちゃん、こわい」と言います。

でも、しばらくして崇志さんの中で情報が整理されると、目をキラキラさせて「すげーなー!やっぱ、佳ちゃんてすげーなー!」と言ってくれます。


そのどちらも、うれしいです。


何かができなくてもいい、というのも安心するし

できてもいい、というのも、とてものびのびするものですね。


崇志さん、ありがとう。

大福庵 daifukuan

横浜キネシオロジーセッション・講座

0コメント

  • 1000 / 1000