セッションとメンテナンス その1

先日、森田先生のセッションを受けてから

身体と心のメンテナンスが始まったようです。


私にとって、大福庵は、遊びの要素が多分に含まれています。

セッションをするのも好きだし

ゼミの内容を考える、つまりキネシオロジーを深めてゆくのも好き。

新しいクライアントさんと出会ったり

キネシ仲間と会って、語り合って、心と身体の動きを発見するのも好き。


そんな今、身体から出てきた記憶は

遊んでいると怒りをぶつけられるということでした。

私が10代の終わりころ、家族からのものです。


不思議なもので

一年くらい前までは、出てくる記憶はほとんど0歳~10歳のものでした。


それが、最近

出てくる記憶が、13歳~20歳のものになりました。


人生を、違う次元でもう一度生きている。


キネシオロジーをして、身体と心が修復に向けて作動したとき

今と過去は分離されておらず

多次元の世界に思える。


それはそれとして

私は、そうとう今ここにいなかったようで

あいさんがエンジェルカードを引いてくれたときには、何度も「今ここ」のカードが出たし

崇志さんは、なぜか「今」で調整してくれた。


セッションのあとは

いろんな混乱が心から出てきて

起きていられず、ことあるごとに眠りました。


つづく

大福庵 daifukuan

横浜キネシオロジーセッション・講座

0コメント

  • 1000 / 1000