セッションとメンテナンス その2

そんな中

ひたすらセルフキネシの時間をとり

崇志さんに混乱をそのまま出しました。


したいことをすることから逃げるのはなぜなのか?

様々な記憶が飛び飛びに出てくるので、収拾がつかなくも思えましたが

やれば、少しずつしぼれるものですね。


どうしてもわからなかったら、セッションに行けばいい。

そんなことも、頼もしい後ろ盾です。


少しずつ修復した私は

昨夜、崇志さんに「駄作キネシしない?」と持ちかけ

ふたりで、ウキウキワクワクと、あそび。


わが家では、事実じゃなくって、そんな妄想を調整しても効果うすいだろ~っていうテーマを

駄作テーマと呼んでいます(笑)

でも、昨日気づいたのです。


駄作テーマって、欲望だらけで、夢があって、希望があって、楽しいの(笑)

こんなキネシの遊びかたも、たまにはイイね。


さらに修復は続き、回復してゆく。

崇志さん、ありがとう。


セッションとメンテナンスは

必要で、ちょっぴりしんどくて、そのあとはすっきりして

自分の生命力が倍以上になっている


せずにはいられない

人生の最高のあそび。

大福庵 daifukuan

横浜キネシオロジーセッション・講座

0コメント

  • 1000 / 1000