隠していたもの

一昨日は、フェイシャルキネシの日。

気持ち良かった。


フェイシャルキネシは、施術側も、とても気持ち良い。

終わったあとのお客さまの顔が

つやつやしていて、穏やかで

綺麗だった。


セッションのあと、いっしょにランチをして

たくさんお話しをした。


最近、自分の、隠していた(隠れてないんだけど)性質を受け取りつつある。


鼻っ柱の強い自尊心とか

キレキレの思考とか

権謀術数たっぷり、情報を転がすことが大好きとか

持っていてはいけないと思っていたけど

認めてしまえば、大好きになってしまった。


自分のギフトを受け取れば

ひとの長所は降るようにみえた。



先日、用事があってババ先生に電話をして

ひさしぶりの声にうれしくなって、「お元気ですか!」と尋ねたら

ババ先生の第一声は、「売上があがらんのやぁ~~」だった。


ものすごい頭脳と、誠実な仕事ぶり、惜しみない働きのババ先生は

お金がとれないひとだった。

個人の依頼者で生活ぶりが苦しいひとには、高い値段はいえないし

顧問先の会社が気前よく、「○○円お支払いしますよ!」といっても

いやぁ~、そんなにもらうなんてねぇ、とでれでれしながら、結局お安めの値段をいってしまうのでした。


私は、そんなシャイネスが、とても好きだった。


また、一流の策士でもあったババ先生が

事務所のもう一人の怪物先生と、尋問でいかに相手をハメるかの打ち合わせをしながら

ワルそうな顔で「あ~っひゃっひゃ」と笑う姿は、さながら時代劇のようで


私は、そんな良き権謀術数が、とても好きだった。


隠していたけど、隠れていなかったものに

自らのギフトを見出す。


経営下手は

ババ先生に似たといいたいけれど(笑)

大福庵 daifukuan

横浜キネシオロジーセッション・講座

0コメント

  • 1000 / 1000