語りたい胆経、やすみたい胃経

昨日は、大福庵に仙台の美智代さんが遊びに来て下さいました。


フェイシャルキネシを受けていただき♡

ぱーとなーしっぷワークショップをふたりで楽しんで♪

山ほどおしゃべり。


楽しかった~(^^)


おうちに帰ってから崇志さんに、今日美智代さんが来てね、フェイシャルしてね、とおしゃべりしながら

ショートバージョン・フェイシャルを崇志さんに始めたら

早くもすーぴーという寝息が聞こえてきて

ひっそりとロングバージョンにした。


胆経を辿り始めると

ぷすごー、ぷごーと言い

胃経を辿り始めると

すー、すー、と言う。


フェイシャルキネシのセッションをしているとよく、受けている方が、

胆経や膀胱経を辿っているときは、何か言いたそうにむにゃむにゃしたり、いびきが強くなったり(ぶごー!)

胃経を辿っているときは、すやすや、とか、すー、とかリラックスして休む感じになったりする。


恨み節も、言いたかった ”あいつのせいで” も

考えすぎで、痛めた胃も

眠っているうちに解放される、不思議な時間。


どこへ行くんだろう?どこへ還るんだろう?


フェイシャルでは

施術側にも同じことが起きる。


昨日は、ぐっすり眠った

深く、やわらかい夜でした。

大福庵 daifukuan

横浜キネシオロジーセッション・講座

0コメント

  • 1000 / 1000