景色

思えば、感じたくなり

前に進みながら、過去は成仏をのぞみ

高くなれば、低みを求める


その間を、行ったり来たりしている

その行ったり来たりこそで、身体と心はかたちづくられているよう


どこまでも近づくように見えるけれど、ひとつには溶け合えない

けれど、その極みは平らかで

そこにいるとき、心は清々しく、どこまでも広がってゆく


行ったり来たりしながら、その地点を求める


片割れを忘れず、その姿を見れば

熱い身体はしずめられるよう、冷えた身体はぬくめられるよう

互いに近づく


”あめつちのよりあいのきわみ”

ひとり、その景色をみつめながら

それを言祝ぐ、舞を舞いたい

大福庵 daifukuan

横浜キネシオロジーセッション・講座

0コメント

  • 1000 / 1000